【話し方教室が考えるザイオンス効果】

 

こんにちは。話し方アカデミーの岡本です。

人の印象は、最初が肝心!とは良く聞くものの
なんで? あとからの印象も大事でしょ?
と思ってしまうものです。

でも、実際は、最初の印象って物凄く大切。

その理由は、「ザイオンス効果」と呼ばれるものを組み合わせて考えると分かりやすいです。

このザイオンス効果とは、同じ人や物に接する回数が増えるほど、その対象に対して好印象を持つようになる効果のこと。

この効果自体は、想像しやすいですよね?

初対面の人よりも、毎日顔を合わせる職場の仲間の方が心を開いてお話しやすいはずです。



あれ?! でも上司には話しにくいけど?!

と思った、そこのあなた!

ここにザイオンス効果のもう一つのポイントが潜んでいます。。。

ザイオンス効果は、ビジネスの世界でもよく使われているのですが、実は「初対面の印象」がすごく大切。

基本的に「良い印象」「普通の印象」であれば、会う回数が増えるほど、印象は良くなっていきます。

この効果は一般的に10回程度まで続くと言われているので週に1回程度の頻度で会う場合は、2~3ヶ月間で良い印象を持ってもらいやすいということになりますね。

しかし!

初対面の印象が「悪い印象」の場合は、その印象を持ったまま会い続けると、相手にとってストレスを感じさせることになるので、どんどん印象が悪くなっている可能性があるのです・・・

どこかのタイミングで挽回できれば、少しは印象は良くなりますが、最初から良い印象を持ってもらって重ねた10回の接点よりも明らかに到達地点は低いものになります。

もちろん、意識的に悪い印象を与えたいと思う人は少ないと思いますが、せっかくのご縁であれば、初対面から良い印象を持ってもらいたいですね。

【今日のポイント】
人は、会えば会うほど印象が良くなっていく。
ただし、それは、第一印象が悪くなかった場合のみ。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!